2016年7月5日火曜日

Alive


当時、オールドスクールの彫師さん達は

サーカス団と共に働き、旅をしながら

タトゥーの腕を磨いていた方が沢山いました。

そのサーカスの中でも

人気のあったSIDESHOW。


いわゆる見世物小屋です。

今回のデザインは

SIDESHOWの催しの1つ、

SNAKE  CHARMER(ヘビを操る人)です!

Tattoo by REI

ALIVEの文字が効いてます!

(当時のSnake charmer)

以前に紹介した曲芸師Capt. don Lesile


Mr.Sideshowと呼ばれていました。

インターネットもTVゲームもなかった時代。

特に田舎町では

サーカスはとても重要な娯楽、

一大イベントで

子供たちの憧れの職業でした。

サーカスで初めてタトゥーを目にし、

衝撃を受けて彫師を目指した人も多かったそうです!

(当時のバナー)







0 件のコメント:

コメントを投稿