2015年7月13日月曜日

Return to the source


アメリカン・オールドスクールの

スタイルについて言葉で伝えるのはなかなか

難しいとゆうことで

その当時のリアルなタトゥーフラッシュを

何点か紹介したいと思います!
1920年代

1940年代

1950年代

1960年代前半

これらのフラッシュのように

黒のシェーディングをメインに

2、3色使います。

それはその当時、色が無かったからです。

黒だけで完成する事もあります。

このノスタルジックな雰囲気を

崩さないように今の技術で再現するスタイルです。

近頃この原点回帰で古き良きアメリカが見直されてきて

アメリカやヨーロッパでもこのスタイルが

出てきています。

このスタイルだと歳を重ねても変わらず似合い、

どんどんアジが出てくると思います!

若き日のBob shaw
晩年のBob Shaw

若い時も歳をとってからも変わらず

似合っていてかっこいいです!


そして60年代後半から劇的にカラフルに

変わっていきます。

それはアメリカが経済成長でタトゥーサプライが

増えたからです。
1970年代

1980年代

1990年代

2000年代

このころからジャンル分け出来ないくらいの

スタイルが出てきます。

そして現在、

原点回帰です!

0 件のコメント:

コメントを投稿